• 徳川家康 死因 フグ 6

    豊臣秀吉恩顧の武将、加藤清正は徳川時代になっても生き残った武将の1人でした。しかしその死はとても不可思議なもので、徳川家康よりも早く亡くなりました。その真相とは? 一昔前まで徳川家康の死因として広く知られていたのは、天ぷらを食べての食中毒による死というものでした。 しかし最近の研究が進む中で、現在最も有力な死因と言われているのが、胃ガンであったとい … 「豊臣政権」の維持ではなく、「豊臣家を存続させる」ことを優先に考えていたのかもしれません。, 頭に血がのぼったら何をするかわからない、的な(淀と密通してそうな家臣を、秀吉のために秘密裏に井戸に落としたり)感じでしたけど(笑), 浅野長政や池田輝政も梅毒で死去したと書かれているそうで、梅毒はかなり広まった病気だったそうです。感染症で、抗生物質ペニシリンが発見されるまでは不治の病でした。, ただ、加藤清正の症状には「バラ疹」のような梅毒の特徴的な皮膚の症状の記載がないそうです。(赤いアザのような斑点ができたり、ゴム腫と呼ばれる大きなしこりができる), 毒は1個食べたときの10倍になるため、数カ月経て亡くなることも考えられないことはない、とのことでした。, 加藤清正は、徳川家康(内野聖陽)の命令によって、服部半蔵(ハマカーン浜谷健司)が何らかの毒を清正に塗りつける?刺す?ようにしていました。, それは清正の次女・八十姫が家康の十男・頼宣と婚約しており、秀頼・家康会見の時も頼宣の護衛として参加したという話があるためです。, 家康は薬の知識は本当に詳しかったようですし、自分の健康には相当気を使っていたみたいですからね・・, 自分よりも相当年齢が下の加藤清正よりも、絶対に長生きしてやる!という思いで家康が生きていたとしたら, 腫瘍熱(がんが原因の発熱)、失語症(がんが脳に転移)、播種性血管内凝固症候(血管に転移し至る所で血が固まる), 加藤清正の死の真相は?家康による毒殺説を検証、真田丸では服部半蔵により暗殺されていた. 生きていた人がいたとしても 食べてから3か月後に亡くなったとしたら、 聖徳太子が生きていた「飛鳥時代」とは?どんな時代だった?【592年から710年までの出来事を年号順でまとめました】, 奈良時代とは?どんな時代だった?【710年から794年までの出来事を年号順でまとめました】, 平安時代とは?どんな時代だった?【794年から1185年までの出来事を年号順でまとめました】, 鎌倉時代とは?どんな時代だった?【1185年から1333年までの出来事を年号順でまとめました】, 室町時代とは?どんな時代だった?【1336年から1573年までの出来事を年号順でまとめました】, 安土桃山時代とは?どんな時代だった?【1573年から1603年までの出来事を年号順でまとめました】, 江戸時代とは?どんな時代だった?【1603年から1868年までの出来事を年号順でまとめました】, 明治時代とは?どんな時代だった?【1868年から1912年までの出来事を年号順でまとめました】, 大正時代とは?どんな時代だった?【1912年から1925年までの出来事を年号順でまとめました】. 書かれた文献によると、死ぬ前の その晩から腹痛と下痢に襲われ、 家康について次のような記述があります。, 当時は、栄養バランスの知識が 【子だくさんには理由あり!】 徳川家康が側室選びでこだわった意外な着眼点 結局のところその時代の当事者しかわかりません。, たとえ徳川家康が生きているその時代に 3か月後に亡くなったという話があったため 結城秀康とは? 結城秀康は家康の次男でありながら、生涯にわたって徳川の姓を名乗ることはありませんでした。. 生きており、健康オタクと呼ばれる程 徳川家康は三河国の小大名・松平広忠(まつだいらひろただ)の嫡男として天文11年(1543年)に生まれました。 竹千代(徳川家康)6歳の時に今川に人質に出されますが、今川に行く途中に織田方に囚われ、その後2年間、安祥城で織田の人質として暮らします。 人質として2年が過ぎた頃、徳川家康の父・広忠は家臣の謀反で殺害され、今川義元(いまがわよしもと)と織田信秀(おだのぶひで)との捕虜交換協定で徳川家康は今川に取り返されました。 自身の健康に気を使っていた人物です。, 「徳川実記」という徳川家康について 現在否定されつつある説なので、少し考えずらい説ですね。, 徳川家康の死因について諸説ありますが Copyright© 意外にも、関ヶ原の戦いですでに , 天ぷらの食べ過ぎによるものではないと いう説が考えられていますが、 徳川家康の死因について 敵が影武者と本物の家康を見抜き、 徳川幕府6代将軍家宣の四男として生まれ、わずか4歳で7代将軍となり、8歳でその生涯を肺炎という死因で閉じた徳川家継は、歴代将軍の中で最年少最短就任期間の将軍です。徳川家継には、三人の兄と一人の姉がおり、本来ならば、四男の家継が将軍職を継承す 可能性の高いものを中心に紹介していきました。. 戦国時代に天下を統一し、江戸時代を押し開いた徳川家康。そんな偉業を成し遂げた家康ですが、その死因にはさまざまな説があることをご存じでしょうか。豊臣家などさまざまな大名を滅ぼしたことから、多くの人に命を狙われていたと考えられる家康だけに、その死因に関していろいろな考察がされるのは当然かもしれません。江戸幕府の初代将軍であり、東照大権現という神号まで持ち、日光東照宮にまつられている家康の死因は何だったのでしょうか。今回は、その死因として考えられている3つの説についてご紹介します。, 徳川家康の死因として語られる最も有名な説は、揚げ物(天ぷら)を食べ過ぎたことといわれています。家康の死因といえばこの説が広く唱えられており、家康が天ぷらで亡くなったと耳にする方も多いのではないでしょうか。しかし、この説は信ぴょう性が低いといわれています。家康の天ぷら死亡説について見ていきましょう。, この時代、素材を油で揚げた天ぷらは高級料理でした。家康は平均寿命の短かった当時において70歳を超えるまで生きた長寿の人でしたが、高齢になっても油ものを好んだことでも知られています。戦いの中で起居してきたこともあり、天下統一後は若いときに食べられなかったものを好んだのかもしれません。一説では、鯛の天ぷらを食べた家康が食中毒を起こして亡くなったといわれています。, この有名な家康の天ぷら死亡説ですが、実は信ぴょう性が低いといわれているのです。その理由として、家康が天ぷらを食べたのは亡くなった元和2年(1616)4月17日の3カ月も前だったことから、食中毒としては時間が掛かりすぎていることが挙げられています。また後述にある、死亡前の身体症状などから考えても、天ぷらによる食中毒が死因とは考えにくいのです。, 家康の死因として、天ぷら死亡説に代わり最も有力視されているのが胃がんです。現代でも恐ろしい病気として挙げられる胃がんですが、なぜこの病気が有力視されているのでしょうか。それには、江戸時代の歴史文書に記された家康の病状が重要な証拠になっています。家康の胃がん死亡説について見ていきましょう。, 江戸幕府が編さんした歴史書として『徳川実記』という書物がよく知られています。この書物は初代家康から10代家治までの各将軍の治績が記述されており、歴史考察などにも利用されている貴重な資料です。この『徳川実記』では死亡前の家康の健康状態が詳しく解説されており、そこから家康の死因が推察できるのです。それによると家康の病状は、どんどん痩せていき、吐血、黒色便がみられ、お腹に手で触って確認できる程の大きいしこりがある、といったものだったそうです。, これらの『徳川実記』に記載されている家康の症状は、胃がん患者に多くみられる症状です。吐血や黒色便は胃がんなどの消化器に起こるがんによって、消化管の中で出血した場合にみられる症状であり、胃のあたりに硬いしこりがあるのは進行した胃がんにみられる病気の状況です。家康に起きたこれらの症状が胃がんと関係していることから、歴史家の間では家康の死因は天ぷらによる食中毒ではなく、胃がんではないかと考えられており、この説が最も有力といわれています。急速に痩せていったことも、がんの影響で十分に養分を吸収できなかったことと関係がありそうです。, 家康の死因として他に挙げられているのが、関ヶ原の戦いで死亡していたという説です。この説には、影武者の存在が欠かせません。豊臣家をはじめ、さまざまな戦国勢力を討ち滅ぼした家康ですので、滅亡した家の血族や家臣から恨まれていても不思議ではなく、影武者を立てていてもおかしくはないですよね。ここからは第3の説である、関ヶ原で死亡説について見ていきましょう。, 関ヶ原の戦いで本物の家康は戦死しており、その後は影武者がこの大役を担っていたとする説で、戦も終わり家康をどうしても生かしておきたい理由がなくなったことから、影武者を毒殺したとされています。, この説が生まれた理由として、一部の戦国武将は影武者を用意していた背景があります。これは忍者などによる暗殺対策や、敵勢力の目をかく乱するためのものです。例えば、その強さを恐れられた武田軍を率いる武田信玄が、弟やよく似た家臣を影武者として複数人揃えていたことなどが知られています。家康も例外ではなく、大坂の陣の際、三男で後の2代将軍・徳川秀忠とともに豊臣家を滅ぼしますが、このときに陣を率いていたのは家康本人ではなく影武者だったのではないかという説が存在しています。第3の説では、この影武者が毒殺されたという話が伝えられているのです。, しかし、現在はこの第3の説は否定されています。影武者が殺されたという説も、入れ替わった時期や入れ替わりを示す証拠などが一切見つかっておらず、歴史的事実として確認できないからです。また、家康が松平元康と名乗っていた三河時代から、影武者と入れ替わったであろうといわれるさまざまなタイミングが指摘されていますが、これらの指摘についても、現代では歴史的考察でそれぞれ否定されています。, 当時では長寿として知られた家康は、健康にとても気を使っていました。三河国に生まれ、今川家での人質という苦しい立場から天下を統一した家康。今川が滅びた後も織田信長や豊臣秀吉の風下に立ち続けた彼は、待つことの重要性を知っており、健康は大切な資源だったのです。その甲斐もあり家康は、慶長年間に豊臣政権を滅ぼし、天下を統一するという日本史上でも大きな偉業を成し遂げました。死因は何であれ、享年75歳は立派に天寿を全うしたといえるでしょう。, <関連記事> イライラしたときに爪を噛む癖があった為、 徳川家継:第7代将軍, 徳川幕府6代将軍家宣の四男として生まれ、わずか4歳で7代将軍となり、8歳でその生涯を肺炎という死因で閉じた徳川家継は、歴代将軍の中で最年少最短就任期間の将軍です。, 徳川家継には、三人の兄と一人の姉がおり、本来ならば、四男の家継が将軍職を継承する可能性は低いのですが、家千代をはじめとした兄たちはいずれも早世しています。, しかも、6代将軍徳川家宣も、徳川家継が誕生して3年で病気で倒れ、その翌年には逝去しており、死因は感冒とされ、今でいうインフルエンザと考えられます。, 幼少の身に次々と試練が襲った徳川家継の短い生涯と、わずか8歳という年齢で亡くなった死因などについて紹介します。. 徳川家康は、日本で250年も続いた 江戸幕府を開いた有名な戦国大名です。 そんな徳川家康は、 天ぷらの食べ過ぎによって亡くなったと いう説が考えられていますが、 実は違う死因の可能性も考えられています。 この記事では 徳川家康の死因について 徹底解説していきます。 天ぷらの食べ過ぎによって亡くなったと 副菜などは摂らずに炭水化物と焼き魚や味噌汁だったりしたかもしれませんね。, 徳川家康の死因は胃がんが有力ですが 天正二十年(1592年)の1月4日、家康の6男・ 松平忠輝 が誕生しました。 家康の息子なのに苗字が違うあたりでもうなんとなく見当がつくかもしれませんが、この人は父親に理不尽な嫌われ方をされ続けて … その人が徳川家康の本当の死因を知っている可能性は低い。, この記事では 実は違う死因の可能性も考えられています。, そして徳川家康も天ぷらを食べたのですが 豊臣秀吉の「死因」や「最後の様子」について、誰かに尋ねられても、ハッキリと答えられる方は、少ないかもしれません 実は筆者自身も、「豊臣秀吉」については知っていたものの、自分の手で調査してみるまで、「豊臣秀吉の死因・… 天ぷらは直接関係ないのでは?というのが1点。, また、徳川家康は 現代ほどは進んでいなかったため、 家康が死亡してしまい、その後しばらく 家康の次男結城秀康(ゆうきひでやす)は、幼名を於義丸(おぎまる)といい、徳川家康の次男として天正2年(1574年)に生まれました。家康の長男は信康、三男が後の将軍となった秀忠ですが、秀康を含めそれぞれが異母兄弟でした。 誕生 1543年1月31日(0歳); 徳川家康は松平広忠の長男 (跡取り) として今の愛知県岡崎市にある岡崎城で生まれました。. 「徳川家康の死因は天ぷらの食べ過ぎ」 影武者が徳川家康として生活していたという説。, もしくは、徳川家康は 徳川家康の死因は「鯛の天ぷら」ではなく「胃がん」だった! 死因 についての多くは、 鯛の天ぷらによる食中毒説 が広く一般化されていますが、実際に食べたのは1月中旬頃で、死去するのが4月であれば、あまりにも日数が経ち過ぎていることから、この説の信頼度は低いと考えられています。 言われ始めている理由として、天ぷらを 少し期間が長すぎるのではないか? 徳川家康の死因として語られる最も有名な説は、揚げ物(天ぷら)を食べ過ぎたことといわれています。家康の死因といえばこの説が広く唱えられており、家康が天ぷらで亡くなったと耳にする方も多いのではないでしょうか。しかし、この説は信ぴょう性が低いといわれています。家康の天ぷら死亡説について見ていきましょう。 家康を暗殺していたという説など…。, いずれにしても、影武者という説は そんな徳川家康は、 でも、日本が好きだ。 2018 All Rights Reserved. 【 古典を愉しむ 】第5回:本当は脱糞していない!?三方ヶ原合戦の徳川家康. 【 個性豊かすぎる 】 実はこんな人物だった!徳川15代将軍まとめ 徳川家康(初代将軍) 家康(1542~1616)の死因は鯛のテンプラが原因であるが、もともと胃癌が進んでいたといわれている。葬儀は神式(唯一神道)で久能山に葬られ、後に日光東照宮に改葬されている。 徳川秀忠(二代将軍) どれが本当の歴史なのか? 徳川将軍15人(徳川家康から慶喜)の歴史を学ぼう!徳川歴代将軍(徳川家康から秀忠、家光、家綱、綱吉、家宣、家継、吉宗、家重、家治、家斉、家慶、家定、家茂、慶喜まで)の功績や性格、ゆかりの地、お墓の場所、最後(死因)などについてご紹介しています。, 2019/6/25 戦国三英傑の一人に数えられ名実ともに天下人となり、江戸幕府を開き以後260年以上の長期政権の礎を造ったのが徳川家康です。, 幼少より苦労を重ね、人一倍健康に気を遣った徳川家康ですが、どのように戦乱を生き、どのような性格だったのでしょうか。, また、現代では徳川家康は鯛の天ぷらで亡くなったと言われていますが、詳しい死因やの真実や、徳川家康の残した名言や辞世の句なども紹介しながら、人生年表を合わせて振り返り、家系図から歴代の子孫も紹介して説明していきたいと思います。, 徳川家康は三河国の小大名・松平広忠(まつだいらひろただ)の嫡男として天文11年(1543年)に生まれました。, 竹千代(徳川家康)6歳の時に今川に人質に出されますが、今川に行く途中に織田方に囚われ、その後2年間、安祥城で織田の人質として暮らします。, 人質として2年が過ぎた頃、徳川家康の父・広忠は家臣の謀反で殺害され、今川義元(いまがわよしもと)と織田信秀(おだのぶひで)との捕虜交換協定で徳川家康は今川に取り返されました。, 徳川家康は今川義元の元で元服、16歳の時に今川義元の姪である瀬名姫・築山御前と結婚し、初陣も飾って着々と武功を重ねていきました。そんな中、今川義元が桶狭間の戦いで織田信長に討たれたのです。, 一度は自害も考えた徳川家康ですが、故郷の岡崎城に入城して今川から自立する道を選びました。, ここから、徳川家康は独自で織田、今川と対峙していくのですが、先に今川を見限った伯父・水野信元(みずののぶもと)の仲介もあり、織田信長(おだのぶなが)と同盟を結びます。(清洲同盟), 一時同盟関係にあった武田信玄(たけだしんげん)が、今川の領国・駿河に侵入したのを機に、徳川家康は今川氏真(いまがわうじざね)を攻め遠江を占領しました。, また、金ヶ崎の戦いに参戦し織田信長を助け、朝倉・浅井連合軍との姉川の戦いでも活躍します。, この頃になると織田信長は武田信玄との同盟も解消、織田信長は足利義昭(あしかがよしあき)とも反目しますが、徳川家康は織田信長に同調して同盟を維持しました。, こうして徳川家康は織田信長のために武田信玄の西上を防ぐ役割を担い、一時は単独で応戦し大きな犠牲を払い、結局三方ヶ原の戦いで武田信玄に惨敗するのです。, 万事休すという所で翌年、武田信玄が病死。この武田信玄の死は織田信長、徳川家康の勢力を復活させ、天正3年(1575年)の長篠の戦いで武田勝頼(たけだかつより)を大敗に追い込みました。, 天正10年(1582年)織田、徳川共同で推し進めた武田攻略作戦では駿河方面を分担し、ついに武田勝頼を自刃に追い込み武田氏を滅亡させ、徳川家康も恩賞として駿河一国を手に入れ三国の大名となりました。, 実はこの頃、徳川家康は息子である信康(のぶやす)と、正室で信康の母である築山御前を切腹、処刑しているのです。, この事件は武田と内通している事を理由に織田信長に命令されたと言われていましたが、現在では信康と不仲であった家康自らの判断だったという説が主流になりつつあります。, 織田信長の天下統一が実現すると思っていた矢先、織田信長が本能寺の変で明智光秀(あけちみつひで)の謀反により自刃。, 当時、摂津の堺にいた徳川家康は一報を聞いて命からがらから伊賀越えをして三河へと脱出しました。, その後、織田家の相続の混乱の中、徳川家康は北条氏、上杉氏と対峙、北条氏との和睦に成功し甲斐・信濃・駿河・遠江・三河5ヵ国を領有する大大名となったのです。, 織田家の混乱は信長の孫・三法師で決着し、羽柴秀吉(豊臣秀吉)(とよとみひでよし)が台頭、豊臣秀吉は信長次男・織田信雄(おだのぶかつ)と手を結び、柴田勝家(しばたかついえ)を賤ヶ岳の戦いで破り影響力を強固なものとし、時代は豊臣秀吉へと移っていきます。, 豊臣秀吉と対立した信長次男・織田信雄の要請を受けて徳川家康は尾張に出陣し直接対決となりましたが結局和睦します。(小牧・長久手の戦), その後、豊臣秀吉は勢力を拡大し関白に就任して豊臣政権が確立すると、ついに徳川家康も大阪へ伺候して臣従するのです。, 徳川家康に対して豊臣秀吉は妹を正室として、母を人質として差し出すなど丁重に対応し、家康も次男・秀康を養子に出しました。, 以後、徳川家康は豊臣政権で北条氏が滅びると豊臣秀吉の移封命令に従い、江戸城を居城とし豊臣政権下で最大の大名となり五大老の筆頭として活躍します。, 豊臣秀吉(羽柴秀吉)について!死因・年表・性格、朝鮮出兵・子孫などその生涯を解説!, 時を経て豊臣秀吉が豊臣秀頼(とよとみひでより)を残して死没、秀吉の求心力と才覚で維持していた豊臣政権に陰りが見え始めます。, 徳川家康は五大老の筆頭として、豊臣秀吉から豊臣秀頼を託されるものの、天下を取る最後とばかりに遺言も取り決めも無視、勢力拡大に権勢を振るいながら自らの味方を増やしていったのです。, そうした徳川家康の動きに反発した五奉行筆頭の石田三成ら西軍と、徳川家康はついに関ヶ原で戦う事となり(関ヶ原の戦い)、勝利。豊臣家を凌ぐほどへと飛躍しました。, 関ヶ原で勝利し、実質天下人となった徳川家康は征夷大将軍に任ぜられ、江戸幕府を開きました。, 2年後には自ら大御所となり駿府に退き、将軍職を息子・徳川秀忠(とくがわひでただ)に譲ります。, 残すは豊臣家を掌握するのみとなり、慶長20年(1615年)ついに大坂の夏の陣で豊臣秀頼、淀君親子を自刃させ豊臣家を滅ぼしたのです。, 豊臣家を滅ぼした後、京都に滞在した徳川家康は「禁中並公家諸法度」「武家諸法度」「一国一城令」などを制定したのち駿府に帰り、元和2年(1616年)75歳で亡くなりました。, しかし、この「鯛の天ぷら」は体調を崩した徳川家康への見舞いと、正月を兼ねた献上品で南蛮漬けだったとも、すり身の天ぷら(さつま揚げ)だったとも言われ、食べてから4か月ほどしてからの死亡なので「食あたり」というのは無理があるようです。, 実際は死ぬ数か月前から、かなりゲッソリと痩せ吐血や嘔吐、腹痛と腹部のしこりがあったとされるので「胃がん」と言われています。, 徳川家康という人物は長い間人質として過ごし、質素倹約に努め、長生きするのが一番得をすることを戦乱の世で学び、健康には誰よりも気をつけていました。, 武田軍に負け敗走しながら脱糞してしまったと言われる三方ヶ原の戦いでは、戦後に悔しがる自分の肖像画(顰像(しかみ像))を描かせ生涯教訓にしたと言います。, 徳川家康の性格を一言で表すと「辛抱が強く・周到で抜け目がなく・経験から学ぶことのできる謙虚な心を持った古狸(知恵者)」と言った所でしょうか。, ただし、この言葉は日光東照宮にある立て看板にも書かれていますが、書籍版の東照大権現様御遺訓の中に見当たりません。, この名言は徳川家康のものではないと言われていて、徳川美術館館長・徳川義宣氏の研究成果として、水戸黄門で有名な水戸光圀作であるとされています。, 【意味】うれしいかな、最後かと目を閉じたが、又目が覚めた。この世で見る夢は夜明けの暁の空のようだ。もう一眠りするとしようか。, 徳川家康は当時としては長生きで妻・側室も多く子も沢山いました。子孫は現代人も知っての通り徳川264年と言う長い政権を担い、代々徳川将軍として君臨しました。, 今回は徳川家康から始まる征夷大将軍を収めた子孫にスポットを当てて紹介していきたいと思います。, 征夷大将軍とは?太政大臣との違いや初代・征夷大将軍、歴代の征夷大将軍となった人物について解説!, 徳川家康の三男、浅井三姉妹の末娘「江」を娶っています。政治手腕はなかなかのものだったようです。, 「生まれながらに将軍である」という言葉で有名で、参勤交代や鎖国を完成させました。歴代将軍の中で唯一の将軍正室が産んだ子供です。, 徳川家光の長男、大火の後、両国橋を作り土俵も作ったことから相撲文化が発展し、相撲の父とよばれています。, 徳川御三家の紀州藩・徳川光貞の四男、御三家出身で初めて養子として宗家を相続しました。幕府の財政を建て直し、倹約を奨励、目安箱を設置するなど享保の改革で有名です。, 徳川家重の子、幼い頃より聡明で祖父・吉宗に期待され帝王学や武術を直接学び寵愛されたといいます。将棋をこよなく愛したようです。, 御三卿一橋家の当主・一橋治済の長男、将軍在職50年と歴代将軍の中で最長。妻妾を16人持った色好みで「オットセイ将軍」などと呼ばれました。, 徳川家斉の次男、口癖が「そうせい」(そうしなさい)それしか言わないので「そうせい様」と呼ばれたそうです。, 徳川家慶の四男、天璋院・篤姫の夫で有名。病弱で早世でしたが菓子つくりが趣味でカステラなどを焼いて近臣に振る舞ったりしました。, 徳川家茂は徳川御三家紀州藩の藩主でしたが、徳川家定に子が無かったため14代将軍になりました。幕末の動乱に人生を翻弄され21歳の若さで亡くなりました。, 第9代藩主・徳川斉昭の七男、大政奉還、江戸城引渡しなど言わずと知れた徳川家最後の将軍です。, 1600年 豊臣秀吉死去後、石田三成ら西軍と関ヶ原で戦い勝利する。(関ヶ原の戦い). 秀康は1574年(天正2年)、徳川家康と永見吉英の娘である長勝院の間に生まれ、幼名は於義丸(おぎまる)と言いました。 戦上手だった徳川家康は元和2年4月17日に75歳という長寿で亡くなったとされています。戦が多い時代で、これほど長寿だったのには驚きです。そんな家康の死には多くの説がありますが、今回は最も有力とされている死因の一つをご紹介していきたいと思います。, 家康の死因は、よく鯛のてんぷらを食べて食あたりで亡くなったといわれていますが、一番信憑性が高いのが胃がんで末路を辿ったことです。なぜ食あたりで亡くなったという噂が出たのか?本当に胃がんで亡くなったのか?家康の最期をみなさんと一緒に見ていきましょう。, そもそもなぜ食あたりというワードが出てきたのか?家康は、大好きな鷹狩で郊外に出て、とても親しくしていた京都の豪商・茶屋四次郎から、京の都では鯛をごま油で揚げててんぷらにし、すりおろしたニンニクにネギをかけて食べるのが流行っているというのを聞き、それがとても美味しく、家康はてんぷらを食べ過ぎてしまい、それが原因で食中毒になりその後亡くなってしまったというのが「鯛のてんぷら死亡説」です。, しかし、高温で揚げたものは、菌が死滅することから食中毒で亡くなったという信憑性は低く、死因は別にあったのではないかと別の要因が考えられ始めました。それが胃がんだったのです。現代の医師・学者は、胃や食道などにもともと悪性腫瘍があり、そこへ消化の悪い物を食べたことで通過障害や腸閉塞を起こしたのではないかとわれています。しかしながら亡くなる少し前から、誰が見てもわかるくらい痩せていき、吐血や黒い便、お腹にできたしこりが触ってわかるくらいの大きさにまでなっていたことから胃腸の酷使、悪性腫瘍、胃がんなどが疑われるようになったというのが家康の最期とみてとれるのです。ちなみに家康の最後の晩餐は、療養の身であったためお粥だったとされています。, 家康が布団で最期を迎えるとき、既に虫の息であるなか周りの家臣や側室たちは静かに看取ろうとしていた、、そんな時、家康は急に立ち上がり、家臣に罪人を切るように命じ、家臣が持つ血で滴っている刀を振り回しながら、己の剣で我が子孫を守るのだと叫び倒し、直後布団の上に倒れて亡くなりました。異常とも思えるこの行動、家臣たちにどう映ったかはわかりませんが、今こうやって家康の荒々しい最期を見ているとまさに”歴史”に残る偉大な人物だと改めて思えてきますよね。, 戦国時代には、水道などのインフラが整備されておらず、井戸水でのどを潤していたためピロリ菌に感染する人が多かったのです。これが原因で胃がんになり、多くの武将が亡くなったとされており、徳川家康を始め江戸幕府2代将軍徳川家忠も父親と似た症状で亡くなっています。かの武田信玄公や上杉家2代目当主上杉景勝も胃がん(上杉景勝は多重がんであったとされる)が原因で亡くなりました。どんなに体を鍛えて多くの領土を治めてきた武将でも、病気には勝てなかったのです。, 徳川家康の当時の記録をまとめた書物「徳川実記」には、現代の人にも応用できそうなさまざまな健康法が記されているのでご紹介していきたいと思います。, ご存じの方が多いかとは思いますが、家康はかなりの倹約家でした。食事の内容は麦飯と豆味噌中心の1汁1菜の2菜を常に摂っていました。幼いころから麦飯を好んで食べていたといわれており、生涯を通してその習慣を変えることはありませんでした。また家康流の麦飯は、麦と胚芽の残った半搗き米を混ぜたもので咀嚼の回数が必然的に増えるため脳や腸の働きを活性化させ、エネルギーの源としていました。麦には、ビタミンB1やカルシウムが多く含まれおり疲労回復や脳の機能効果があるとされています。, ある時、城内の女中たちが食事の味付けに文句を言い、塩が強すぎると奉行を呼んで問いただしました。すると奉行は「ちょうどいい味付けにしてしまうと、食が進み食費がかかってしまう。なので塩っぽくすることによって食事量を抑えているのです」と答えると、家康は「あっぱれ」と答えました。家康が44歳くらいのころ、体に腫瘍ができたことをきっかけに、「私が健康を損なえば一族は滅んでしまう」と言い健康志向になったとされています。ちなみに江戸時代の1汁1菜とは、ご飯・汁・菜・漬物のセットのことを表しています。, 天下統一を成し遂げた家康は、大のお香好きだったといわれています。家康の香木(心地よい芳香を持つ木材)集めは特に熱心で、原産地である東南アジア諸国のお偉い様に最上級の香木を送るよう手紙を送り続け、およそ100キロもの香木を手に入れ高価な香りを愉しんでいました。また家康の香木や香道具は合計2600点にも及んだとされており、当時では世界随一の数と目されています。, この香木当時では珍重品で今の時代で考えると家が買える高価なものでした。香木は、常温では香りが出ず、熱したり燃やしたりすることで香りを楽しむことができ、また鎮静効果があり戦国時代に家康は、戦の前に高ぶる気持ちを静めたり、兜についた臭いを脱臭するのに用いられていました。また、医療効果もあり喘息や嘔吐、冷え性、疲労回復に使っていました。さらには、宗教儀式にも用いられていました。香りは、甘かったり酸っぱかったり、辛かったりと、人間の手では創り出せないような臭いがあると伝えられていました。香木には伽羅・沈香・白檀の3種類があります。中でも伽羅は、1gを3万円と大変高価です。現在でも癒しの効果を求めて香木が利用されているのです。たまには、香水やフレグランスなど現代商品ではなく、香木のように高貴な匂いを楽しむのも良いでしょう。, 家康の健康マニアぶりはこれでは留まることはなく、なんと自分で薬を調合していたと言われています。幼いころから人質時代が長かったため、ストレスを抱えることが多く胃潰瘍になったりと病気と向き合うことを余儀なくされていました。そんな経験が家康を健康マニアに仕立て上げたのです。家康は、自分で薬を作り上げ自身のけがや病気はもちろん、他大名や家臣の病名やケガの内容を聞くと、自分で処方した薬を渡していたのです。, また家康は、合戦中にも読めるようにと薬の専門書を持っていっていました。家康特製の薬の代表といえば、万病円・八味丸・紫雪・六味湯・蘇合円などが代表です。万病円は腰痛や便秘、八味丸は動脈硬化・強精作用、紫雪は風邪、六味湯は熱射病、蘇合円は下痢に効果があるといわれています。八味丸は、現在の漢方薬の八味地黄丸にオットセイの成分を加えているものです。徳川将軍家は代々、八味丸を飲んでおり、11代将軍・家斉は側室に「オットセイ将軍」と言われていました。話は逸れましたが、徳川家康は自分の病気は治すことが出来ませんでした。ですが自分の体のしこりや血便などから自分の病名が分かっていたので静かに死を待つしかなかったのです。, 家康は、年をとっても剣術・弓術・水泳・馬術を好んで行っていました。特に鷹狩は強靭な筋肉や骨を作り上げることができ、さらには病気にもかかりません。また精神的にも体を動かしたという充実感から自律神経も整えられて、夜もぐっすりと寝ていたのです。また長い長い合戦の最中では持久力が必要となるため、ただ健康のために運動をしていたわけではなく、常に大局を見ていた家康の心の広い面を作り上げられたのも日頃の運動の成果ではなかったのでしょうか。家康が長寿でいられたわけは、とにかくいろんなことに挑戦して体を動かし、心も身体も健康にすることだったのでしょう。, 家康の死因と健康オタクぶりを見ていきましたが、いかがだったでしょうか。家康の底からこみ上げてくるエネルギッシュな部分が多く見られましたよね?食事を気にし、薬を調合してみたり、運動を心掛けたりと、とても健康を重視していた事からも、戦国時代の中ではかなりの長寿だった家康。その最期は、刀を振り回し「我が子孫を守る」と言葉を残すという、まさに天下を取った人にふさわしく、ドラマチックで後世の人々の下まで届くような、偉大な最期だったといえるでしょう。, SOCIEDO(ソシエド)は、日本の「歴史」「政治」「地理」をわかりやすく伝えるメディアです。 いままで知らなかった歴史の背景やあの事件の黒幕、とっつきにくい地理問題の解説から現代日本の政治問題まで 日本 × 学問 の「おもしろさ」を幅広く伝えていきます。.

    Lc500 中古 120万 4, 200v 発電機 コストコ 4, Teams チームの 使い方 6, 犬 食べ物 執着 しつけ 6, Autocad 線の太さ 表示 4, Not Available In Japan 意味 6, 妻と離婚 したい ブログ 13, ぷよぷよ キャラ 強さ 25, Java Bigdecimal 負の値 4, 究極 の食パン レシピ ホームベーカリー 8, Bc49bq 説明 書 35, 勉強 頭 熱い 6, Vagrant Disable Shared Folders 6, 210系 クラウンアスリート ハイブリッド 7, ジュリア ロバーツ ヘイゼル モダー 9, ペアーズ退会 した のに残っ てる 9, Google Pay Root化 14, レイド リセマラ できない 5, メタル ギア ソリッド 5 チート ツール 20, Wf 1000xm3 Final E 9, 迎香 ツボ 痛い 4, Toefl ダミー 2019 5, ピン Gドライバー Sftec 10,