• ark 個人サーバー マップ変更 9

    Mod collection of all of eco's sponsored projects. 夫婦でARK Survival Evolved 攻略サイト, ダウンロードはサーバーに1体しか作成できない。2キャラ目スポーンさせると上書きになり、1キャラ目は削除される。, BOSSクリアしてエンディングを見たいけど、見るならアイランドのBOSSをたおさないといけない, ということで何も知らずにセンターのMAPから始めてしまった私は、アイランドに新規にキャラを作り、育てていました。, しかし、センターMAPにいるLV97のメインキャラほどステータスも成長できていない分、拠点を製作するのに不便でした電化製品系エングラムも開放できていないし・・・, そこでLV97のメインキャラや、素材や建築物を移動させて拠点を一気に仕上げようと思ったのでした。, 早速センターからLV97キャラをアップロード、拠点を作りかけのアイランドに移動先を選択すると、、、、、, (スポーンしてしまっているキャラがいるからうわがきになってしまうのかな?だったら死んでスポーンさせないままにしよう), そう思って、LV45のアイランドのサバイバーを一旦死亡させ、復帰しない状態にしました。, (お、成功か?)と思い、必要な用事を済ましてLV97キャラはアイランドから故郷のセンターに帰りました。, その後、私はアイランドでLV45のキャラでリスポーンできることになるんだろうと思っていたのです。, 死んでいても生きていても、すでにそのMAPでスポーンさせているサバイバーが既にいる場合は2人目スポーンすると2人目のものに上書きされてしまうようです。, 同じMAPに複数リスポーンするのが不可能なだけであって、アップロードは複数いけました。, 一旦ビーコンかオベリスクでアップロードしてキャラをデータ上にしまっておいてから、後からのキャラをダウンロードすれば上書きされずにすみますぞ!, 自分のキャラクター同士でオベリスクやビーコン、トランスミッターでアイテム、恐竜など, 拠点にトランスミッターを置くか、ビーコンかオベリスクが近くにあれば、発展させた拠点から, 拠点がオベリスクから離れている場合ぱぱっと鯖移動したいのに、見渡す限りビーコンがこなーい!( ˘•ω•˘ ) そもそもビーコンもオベリスクも遠い。 ビ[…], アプデで待ち時間が15分に短縮されましたやったね! アイテムのアップロードには最大15分のクールタイムがあって待たなければアップロードできない。[…], 貴重な体験談と丁寧な説明内容。本当にありがとうございます! アイテムのやり取りも、動物への餌やりも、1つのキャラがあっちこっちいかなくていいので便利かもしれません。 初の鯖移動不安ですよね・・・頑張ってください!!(*´ω`*) マップ2つをご利用の方は、サーバー2つをご契約。マップ3つご利用の方でしたら、サーバーは3つご契約といった形です。 この部分がまず満たされていないと、NITRADOサーバー間の移動(違うARKに旅立とう)はできません。 『Cross ARK Travel』を有効にする MAPでスポーンさせているサバイバーが既にいる場合は2人目スポーンすると2人目のものに上書きされてしまうようです。, 【ARK】増強キブル extinction augmented kibble★レシピ. ark.mesuzaru.com ARK Server Mangerを使用したサーバーの建て方。ポート開放の仕方や自分に発生したfatalエラー解決方法など。 飲んだお酒の感想、ダーツ系、ゲーム感想、商品レビューなど。あと自分用の勉強テキストや読書感想とかも。まぁ、気になったこと・書きたいことは何でも書くブログです。 サイヤ人乙. 4.4 『ark』を『nitrado』のサーバーにインストールする【約10分】 4.5 『ark』の設定を変更する【約20分】 4.6 ps4から非公式サーバーが表示されるかどうか確認する; 5 非公式サーバーを建てるデメリット; 6 最低月額10ユーロ(おおよそ1,300円/月) ARK:Survival Evolved は個人でサーバーを立てて友達同士だけで遊べるのも魅力の一つ。しかし、ARKのサーバーを立てたい!と思い立っても導入のハードルが多く、二の足を踏む人も多いのではないだうか。, そんなとき、ARK個人サーバーとして自宅のNASが使えるんじゃないかと思いついた。, 私が愛用しているQNAP製のNAS「TS-251+」は5年前に発売された家庭向けNASであるが、そこそこのスペックがあるし、メイン用途はファイルサーバーなので、マシンパワーを持て余している。もちろん24時間稼働しているので、サーバー条件も申し分ない。, NASへのゲームサーバー導入となると、通常よりもハードルが高いと思われるかもしれないが、ARKサーバーには有志が作成したDocker版が存在する。そして、QNAPのNASはContainer Stationという、GUIの画面上で簡単にDockerを扱える仕組みがある。, 通常のLinux版ARKサーバーは、コマンドラインで必要なライブラリをインストールする必要があったり、ポート開放を行ったりと、導入にはそれなりの経験と知識が必要だ。しかし、QNAPならContatiner Stationを用いることで、GUIオンリーで簡単にARKサーバーを導入できた。, あらためて、QNAP製NASの良さを実感できた良い機会だったので、導入方法を紹介する。, QNAPの現行NASの多くは、64bitのLinuxベースとなっており、OSの問題はない。しかし、6GBのメモリ空き状態確保が難しいポイントだ。, 家庭用のNASの場合、メモリは多くても4GBあたりが一般的だからだ。私のQNAP TS-251+はメモリを購入時の2GBから8GBに増設してあるが、システムがすでに占有しているメモリを考慮すると、搭載メモリ8GB以上がギリギリ使えるラインだと感じた。, さて、必要となるCPUスペックに関する記述がないが、実感としてはそこまで高性能なCPUを必要としないようだ。, TS-251+の搭載CPUはIntel Celeron J1900(4core 2.0GHz) で、家庭向けNASとしては割と高性能な部類だ。このCPUの場合、ARKサーバーを稼働させた場合でもCPU使用率が数%上昇しただけだった。仮に2coreのCPUだったとしても問題なく稼働できるだろう。, いまからNASを購入するなら、TS-253Dがおすすめ。メモリを8GB以上に換装すれば、これから紹介する方法でARKサーバー運用が可能。, QTS(QNAP上のOS)の通常状態ではインストールされていない、以下2つのアプリをインストールする。, アプリのインストールは簡単だ。QNAPの管理画面にログインし、AppCenterから「Container Station」と「myQNAPcloud Link」をインストールするだけだ。, サーバーの公開に必要なルーターのポート開放を自動で設定してくれる。自動と言っても、UPnPの仕組みを利用しているので、ルーター側でUPnPを有効にしておく必要がある。, この自動ルーター構成機能を用いることで、ルーター設定を手動で変更しなくても、必要なときにNAS側からポート開放ができるのでとても簡単。, 自分のARKサーバーにアクセスしてもらうには、自宅のIPアドレスを伝える必要があるが、IPアドレスは固定でなく数日で変わってしまう。, DDNSを設定して、〇〇〇.myqnapcloud.comのようにホスト名で自宅のARKサーバーに接続してもらうように連絡しておけば、IPアドレスが変わろうと関係ない。サーバーの運用がとても楽になる。, Container Stationを開き、全てデフォルトのまま初期設定を済ませる。, その後「作成」タブのイメージ検索ボックスから【ark】と検索する。最もポピュラーな@turzamのDocker版ARKが一番上に出てくるはずだ。, turzam/arkの「インストール」ボタンをクリックすると、インストールするバージョンを聞かれるので、「latest」を選択する。その後、コンテナ作成の設定画面が表示される。, ここで環境変数を設定するために詳細設定を行いたいところだが、Dockerイメージ(turzam/ark)をインストールした後でないと設定することができない。, そこで、とりあえず「作成」をクリックし、Dockerイメージをインストールしてしまおう。, Dockerイメージのインストールが完了すると、ContainerStationの概要にコンテナ「ark-1」が追加される。, コンテナが起動されると、すぐさま、ARKサーバーのダウンロードとインストールが始まるが、環境変数の設定がされていない状態(すべてデフォルト)でサーバーが起動されてしまうため、一旦、ark-1コンテナを停止し、削除しよう。, 次に、ContainerStationの「作成」を再び選択し、turzam/arkを探す。今度は「インストール」ではなく「作成」というボタンに変わっているはずだ。, これはturzam/arkのDockerイメージのインストール自体は完了しているため、次回からはコンテナの作成工程だけで良いためである。余談だが、インストールしたイメージは「画像(イメージの誤訳)」タブから閲覧できる。, 先程と同じコンテナ作成画面が表示される。今度は「詳細設定」を選択し、環境変数の設定を行う。, コンテナの環境設定画面が開く。Docker版ARKは、ここでARKサーバーの肝となる設定を行う。, ここで、Container Stationの使い勝手として注意しておくべき点がある。コンテナ作成時の「環境」設定だけは、コンテナを一度作成すると画面上で変更することができない。, 続いてコンテナのネットワーク設定を行うため、詳細設定メニューの「ネットワーク」を選択する。, ホスト側(NAS)のポートが空白になっているので、同じポートを使用するようコンテナと同じポート番号を入力する。, これで一通りの設定が完了となる。最後に「作成」ボタンをクリックするとARKサーバーのインストールをはじめとしたコンテナの作成が実行される。, 作成が実行されると、ARKサーバーのダウンロードが始まるためネットワーク使用量のダウンロード側が急激に増える。数十GBの大容量データをダウンロードするので時間がかかる。, しばらく待つと、ContainerStationのコンソール画面に変化が起こる。次のように表示され、10分以内にサーバーが立ち上がるようだ。, このとき何が起こっているかと言うと、ARKサーバーのデータがNASのメモリに展開される。そのためメモリ使用量が急激に増大する。, 最終的には約6GBのメモリが使用され、NASのメモリ使用率はシステム側のメモリを含め80%近くになる。精神衛生上よろしくはない。, このまま待っていれば、確かにARKサーバーは立ち上がるのだが、私のNAS(TS-251+)では先の案内のように10分で立ち上がらず、20分必要だった。, ちなみに、サーバーが起動したかどうかは、コンソール表示だけでは判断つかない。実は起動した後も「Wating…」のままだ。サーバーの起動状況は、コンテナ内のコンソールにログインすると知ることができる。, コンテナ内のコンソールにログインするには「端末」ボタンをクリックし、コマンドを実行するというフォームに /bin/bash とシェルのパスを入力する。Container Stationのデフォルト通り /bin/sh と入力しても良いが、bashの方が扱いやすい。, コンテナへのログインが完了すると、ブラウザ上にコンソール画面が表示される。ここで以下のようにコマンドを入力すると、サーバー起動ステータスを確認できる。, Server listenningがYESになれば、ARKサーバーの起動は完了だ。私の場合はServer onlineがNoの表示であったが特に問題なくプレイできた。, ここまで来ると、自宅PCからはサーバーに接続可能だが、外部からは接続できない。ルーターのポート開放を行うことで外部ネットワークからARKサーバーに接続出来るようになる。, QNAPの管理画面でmyQNAPcloud Linkのアプリを開き、自動ルータ構成を選択。次の画面で「NASサービスを追加する」ボタンをクリックする。, サービス編集画面になるので、ARKサーバーの公開に必須となるサーバーポート(UDP:27015)とSteamポート(UDP:7778)を登録する。このDocker版ARKは、Steamポートが一般的なARKサーバーのポート番号(UDP:7777)と異なっているため注意してほしい。, 最後に「ルータに適用」をクリックすると、自動的にルータ側にポート開放が反映される。素晴らしく簡単だ。, Steamを開き、左上メニューの「表示」→「サーバー」→「お気に入り」タブを開く。「サーバーを追加」をクリックし、NASのIPアドレスを入力する。, 知り合いを参加させる場合myQNAPcloudで登録したDDNSのアドレス:27015 を入力例)○○○.myqnapcloud.com:27015, これで「接続」を選択すると、ARKが立ち上がり、見慣れたセッション選択画面になるはずだ。自宅のNASにアクセスしているだけなので、恐ろしくPING応答が早い。, 編集方法は「ARK & GameUserSettings.ini & 設定」で検索すればたくさんヒットする。例えばARK公式Wikiの日本語翻訳版はお勧めだ。, 編集した後はContainerStationでARKコンテナの再起動をお忘れなく。, ARKサーバーのメモリリソースが大きく、8GBのTS-251+でもメモリ使用率80%を超えてしまった。, 精神衛生上よろしくないのと、場合によってはメモリスワップを起こす可能性が高いので、結局お金を掛けてNASのメモリを16GBに交換した。, 初めまして。ARKを始めるにあたりNASサーバーの記事を参考にさせてもらいました。 導入にあたって、記事内のいくつかに質問があるのですが対応可能でしたら、メールコメント等でお返事いただければ幸いです。よろしくお願いします。, コメントありがとうございます。 他の方にも参考となるように、このコメント欄でご質問いただけますと幸いです。よろしくお願いします。, 返信ありがとうございます。質問させて頂きます。 前提 NAS TS-253Be クアッドコア1.5 GHz CPU 2ベイを購入。 steam版ARKをsaleを利用して購入。, アプリContainer Station myQNAPcloud Link 2.2.16を用意。, ルーター構成、myDDNSの設定を終えた後、Docker版ARKを検索、インストール選択する際にバージョンを問われましたので「latest」(最新版?)をひとまず選択しました。詳細設定にてコンテナ作成時環境設定に移ったのですが名称、値両項目とも「データがありません」との表記状態なのですが、追加を選択してARK環境設定の各項目を自ら入力する。という解釈でよいのでしょうか?(間違いが無い様に慎重に入力と書かれていましたので), そうであれば、画像のスクロール途中STEAMPORTより下の項目が分からず…。turzam Docker版ARK DLページの変数一覧を覗いてみたりもしましたが見当らない無い項目もいくつかありました。, コンテナのネットワークポート設定も同様、ホスト コンテナ プロトコル項目 デフォルトが「データがありません」という形なのでコンテナ作成環境設定と 同様追加、入力という形でしょうか?, ホスト(QNAP)で使用するポートを設定する。コンテナと同じポートで問題ない の部分のサーバーポート32330は各々使用NASのポートという事でしょうか?, ご指摘のとおり、Dockerイメージ(turzam/ark)の初回インストール時には環境設定の項目が表示されず、「データがありません」となってしまいます。, また、ここで設定値を手入力した場合でも、後のインストール時にデフォルト設定値で上書きされてしまいます。, 環境設定を行うためには、一度起動したコンテナを停止・削除したあと、再度コンテナを作成することで、環境設定が可能となります。, 詳しくは「Docker版ARKのインストール」項を書き直しましたので、一度この通りお試しください。, —- >ホスト(QNAP)で使用するポートを設定する。コンテナと同じポートで問題ない >の部分のサーバーポート32330は各々使用NASのポートという事でしょうか?, その認識で間違いありません。 32330ポートは自動ルータ構成でポート開放していません。これは32330ポートがARKサーバーで「RCONというゲーム外からの管理者コマンド実行」に使われるポートなので、セキュリティ上あえて開放しないようにしています。, また、案山子の理解が及ばない部分が出ましたら質問をさせていただければと 思います。, コンテナ作成環境設定は記事の通り無事進めることが出来ました。ありがとうございます。, 作成後、Waiting…からのarkmanager statusでサーバーステータスもserver Online 以外はグリーンでしたので NASサービスの追加、適用、steam側でのサーバー追加, QNAP Qfinder Pro 7.4.1 TOPに表記されているIPアドレス:27015を入力後接続、 このサーバーには設定したパスワードが必要という事でコンテナ作成時に設定した 通り入力をしてみた所、アークトップ画面にて, 「unable to query server info for invite」エラーにより立ち上がらず…。, 上記エラーでいろいろと調べてファイアウォール、セキュリティ(PC側)、 (NAS側は未だSSL証明書未導入)関係も当ってみたのですが結果は変わらずでした。, 1点、ブログ内の表記と違う所としてコンテナ作成時のネットワーク設定 コンテナーMACアドレス表記がニュートラル表記のままだったので, QNAP Qfinder Pro 7.4.1 TOP に記載されているMACアドレスも入力しなくては ならなかったでしょうか?度々申し訳ありませんが意見を頂ければ幸いです。, 記事内容ARKサーバーへの接続項目のサーバーの追加、 NASのローカルIPアドレス:27015入力後、このアドレスをお気に入りに追加、 追加したサーバーを右クリック「サーバー情報を見る」で確認したところ, IPアドレス項目がNASローカルIPアドレス:7777と表記されて いました。何度:27015と入力してお気に入り登録しても末尾 7777に変更はなく、編集もできない状態です。, 一度、作成済みのコンテナを削除していただいて、再びコンテナを再作成してください。 その際、コンテナのネットワークポート設定では画像のように「7777」TCP/UDPを手動追加してみてください。, コンテナの作成後、実際に上記のポートフォワードで動作しているか、コンテナ設定をご確認ください。 ※他のコンテナで使用するポートと重複があった場合、ContainerStationでは自動的に他のポートに割り振られてしまいます。, 「unable to query server info for invite」エラーは表示されますが、私の場合はこの設定でローカル環境からARKにログインすることができました。, 無事、ログインに至ることができました。友人のログインもNAS側のサービス編集追加 プロトコルUDP7777を追加することで可能になりました。, \\NASのIPアドレス\Container\container-station-data\lib\docker\volumes\コンテナのボリューム名_data \GameUserSettings.ini, programfiles(×86)/steam/steamapps/common/ARK/shootergame/saved/config/windowsnoeditor/gameusersettings, から編集できると思いますがNASのDocker版ARKの場合手順もどこかcontainer-stationarのkmanagerstatus入力の様な場所から編集する形でしょうか?, 無事、リモートからもログインできたとのことで安心しました。 どうやら、Epic版とのクロスプレイが可能となった6月頃から、ポート周りの仕様が変わったようです。 時間があるときに記事も修正しておきます。, さて、 コンテナ内のデータはPCからNASの共有フォルダに直接アクセスして編集できます。 (もしくはQNAPアプリのFileStationからアクセスしても良いです), その際、アクセスするフォルダのパスは以下のようになります。 \\NASのローカルIPアドレス\Container\container-station-data\lib\docker\volumes\コンテナのボリューム名\_data\, コンテナのボリューム名はArk-1コンテナ設定の「共有フォルダ」より確認できます。, ここへアクセスできれば、Windows版ARKサーバーと見慣れた同じフォルダ構成が見えるはずです。, 両iniファイルを見つけることが出来たのですが、Game.iniファイルはデフォルトで1B GameUserSettings.iniファイルはデフォルトで5.05KB, それぞれのファイルを右クリックから開く→この種類のファイルはデバイスに損害を 与える可能性があるため、ブロックされました。→保存or削除, 保存選択後ファイルを開いてみるとメモアプリで内容が表示されたのですが Game.iniファイル内は空白で MatingIntercalMultiplier 交配間隔 EggHatchSpeedMultiplier 孵化速度 といった変更したい項目が無く, GameUserSettings.iniファイルはコマンド項目こそいろいろ表示されるのですが XPMultiplier レベリング速度 TimingSpeedMultiplier テイム速度 といった目当ての項目が無く, 無い項目は自身でコマンドと数値を入力するという形式なのでしょうか?色々と調べてみると Docker版ではありませんがPC版やPS版ではGame.iniファイルを開くと文字がずらっと出てくる 等説明されていたので、気になっております。, はい、私もGame.ini は空白。 GameUserSettings.ini はデフォルト要素しか記載されていません。, 追加したいオプション項目をGameUserSettings.iniの[ServerSettings]配下へ追記していきましょう。, 私はGame.iniを編集したことはないのですが、一行目に[/script/shootergame.shootergamemode]を記入してから、配下にオプションを入れていくようですね。, オプション項目や書き方はこちらのサイトが参考になります。https://ark-ja.gamepedia.com/Server_Configuration, .iniファイルを編集した後は、コンテナ再起動を行うと、オプションが反映されます。, ひとまず GameUserSettings.ini項目を追加、数値を設定し、コンテナの再起動をしてみた所、適用されていない感じでした…。, 手っ取り早く見ることが出来るものとして、 saverPVE⁼True PVE設定 ShowFloatingDamageText=True ダメージ数値表示設定, を[ServerSettings]デフォルト項目の一番下に入力 コマンドを入力して値を設定するとデフォルト項目と同じく紫文字に変わり ましたので保存、コンテナからarkにチェックマークを入れ、再起動を選択 arkmanager statusにてサーバー起動を確認、steam側で表示、お気に入り サーバー追加を再度しないといけない形になっていたので改めて追加。, ARKtopからお気に入りセッション選択画面に表示されているモードが PVPのままで友人に攻撃を加えた所、ダメージにより体力が減少。ダ メージ表記無し, ゲーム内オプションにARKサーバー設定管理者コマンドログ 無効 と表示がありますが関係があるのでしょうか。, 私も同じようにGameUserSetting.iniの[ServerSettings]へ ・serverPVR=True ・ShowFloatingDamageText=True, 案山子さんはWindowsで編集したファイルをNAS側へ戻しているかと思われますので、もしかするとWindowsとLinuxの文字コードや改行コードの違いでうまく編集できていないかもしれません。, QNAPのFileStationアプリで編集する場合は、 .iniファイルで右クリックし、「Text Editor」で開くを選択してください。 Text Editorのインストールを促されるので、インストール後、編集してみてください。, 自分で編集をしてみた時を顧み、もしかしたら原因になっているのかもという2点として。, 1.GameUserSetting.ini内ServerSettings配下に ・serverPVE=True ・ShowFloatingDamageText=True を入力する際に、web上から項目をコピーペーストしてしまった。, 2.改行する際に、Enterと↓送りを混ぜてしまった。(ちゃんとEnter改行で統一していたかもしれません。)または、意図しない改行で空白欄を作ってしまった。(作ってない可能性も), 追記として、steam側でARKupdateが入り友人がログインできなくなってしまったのですが、 コンテナの選択チェックマーク→再起動を実行することで、コンソール内でupdateの文字 が表示され、サーバー起動確認後、無事再ログイン出来るようになりましたのでNAS再起 動によるupdate適応という知識が付きました。重ねてありがとうございます。, できる限り注意を払って手入力してみましたが、やはり適用出来ておらず…。 ただ、また気になる部分がありましたので瑕疵部分なのかは分かりませんがご意見を頂ければ 幸いです。.

    ゴディバ ポイント 後付け 5, Jica 人事 2020 8, Teams 赤丸 消えない 5, シャボン玉石けん 酸素系漂白剤 取扱店 16, F 04k テレビ 出力 21, Kvk Kf3000 取扱説明書 9, 目隠しフェンス 置くだけ 台風 5, バーグマン 200 ライバル 12, ドラゴンボールgt 最終回 海外の反応 23, 10禁電動 デザートイーグル 分解 12, ストーンズ 曲 歌詞 40, いだてん 感想 2ch 14, 保育園 差し入れ コロナ 4, Numpy 列 抽出 5, 彼と続ける 別れる タロット 4, 東北大学生協 パソコン 修理 7, ツイン蛍光灯 Led 交換 4, Flex 和訳 レッスン8 5, Raspberry Pi サーボモータ 速度 26, シンガポール Gdp ランキング 5, 郵便局 契約社員 面接 服装 7, 新生児 聴力 どれくらい 5, 涙嚢炎 目薬 市販 5, Dauntless Wiki 日本語 6, Geogebra 空間図形 回転 5, Network Setup Service サービスは 停止 状態に移行 しま した 7, ネイルサロン コロナ 閉店 9, ランクル100 ブレーキ 異音 6, Nuxtlink 遷移 しない 12, Ff14 髪型 一覧 アウラ 12, ホース ジョイント 外れる 11,