• dictionary ソート vba 10

    ' Why not register and get more from Qiita? Dim i, j As Long Do While StrComp(pivot, targetVar(j, 0)) < 0 Do For Each key In dic Dim lngCnt As Long ' dic("あ") = "ああああ" ※For Each key In dic -> Doc.Keys で取る必要はなかったのか・・・, はてD終了により修正&移動の内容も多い If StrComp(x, y) < 0 Then End If tmp = targetVar(i, 1) Med3 = z Call QuickSort(targetVar, j + 1, max) ElseIf StrComp(z, x) < 0 Then ソートに要する時間は、5.6秒位です。 どうしても、100万件のソートには時間がかかるようです。 100万件でこの速度なら実用としては十分なのではないでしょうか。 10万件であれば、以下の通りです。 MsgBox output typArry(2, 1) = "岩手県" ・2次元の文字型の配列で動作することも確認する For i = LBound(typArry) To UBound(typArry) dic("9") = "999" Private Sub QuickSort(ByRef targetVar() As String, ByVal min As Long, ByVal max As Long) ' ' 文字型の2次元配列のソート varTmp(lngCnt, 0) = key Call QuickSort(typArry, LBound(typArry), UBound(typArry)) End Sub, '================================================================= Dim output As String lngCnt = 0 Set dic = CreateObject("Scripting.Dictionary") ' パラメータ : targetVar() : 二次元配列 ' 名 称 : Med3 ' Windows 10 Pro_x64 + Excel2013_x86 VBA で Dictionary を辞書順にソートする 基本的に、AarrayList を参照後、keyを突っ込んで sort することが多いんだけど 参照に制限が付いた気がするので、Dictionaryで代用できるようにする ※.Net Library 3.5 まで参照可ってソースが見つからない ※ソートはMSのサイト … Next key dic("a") = "aaaa" Call DicSort(dic) Else For lngCnt = 0 To dicSize - 1 End If 参考にしたのは以下のサイト ※ソートはMSのサイトにあった気がするんだが、消えているんだよなぁ・・・, ・Option Explicit が通るコードに修正 ' クイックソート '================================================================= What is going on with this article? targetVar(i, 0) = targetVar(j, 0) ' Next ・UserFormを1個追加する 今回はDictionary(連想配列)の使い方をご説明します。 Dictionaryは字のごとく、辞書の様に扱います。 Key(キー)とItem(データ)をセットで格納して、リストなどを作成するときに使用します。 Dictionaryは処理が非常に高速ですが、記述方法によってはとても遅くなります。 For Each key In dic '=================================================================, ' QuickSort関数 で varTmp(Int(i + j / 2))との比較が発生する, Microsoft Ignite 2020の振り返りも「Azure Rock Star Community Day」, you can read useful information later efficiently. pivot = Med3(targetVar(i, 0), targetVar(Int(i + j / 2), 0), targetVar(j, 0)) Med3 = y j = max typArry(1, 0) = "02" まずはDictionaryがどれほど早いか実証してみます。 targetVar(j, 1) = tmp Python3、nodejs はVsCodeを使用. 参照に制限が付いた気がするので、Dictionaryで代用できるようにする   If min < max Then Dim tmp As String ' ' Dictionaryが空か、サイズが1以下であればソート不要 End Sub, '================================================================= ' : min, max  : ソート対象 | End If ' Help us understand the problem. ' パラメータ : Dictionary ・UserFormを1個追加する typArry(3, 0) = "01" ・その他、自分なりのコメントを追加 If dic Is Nothing Or dicSize < 2 Then Med3 = x ElseIf StrComp(x, z) < 0 Then DictionaryオブジェクトがSortメソッドを実装していないので、ソート方法を紹介しているページなのだが、そこには、 Because this information is stored unsorted, enumerating through the array returns information in the order it was stored. ・可変長配列の切り方を修正 Loop ' Else ' Dictionaryから二元配列に転写 ・その他、自分なりのコメントを追加 ' ' 配列の添え字の最小値は0 Next j = j - 1 typArry(0, 1) = "北海道" Dictionary) ' Dim key As Variant Dim varTmp As String Dim dicSize As Long Dim lngCnt As Long ' dicSize = dic. ' ブログを報告する, Windows 10 Pro_x64 + Excel2013_x86 VBA で Dictionary を辞書順にソートする, Ubuntu 16.04 x64 + VsCode + Code Runner で Python3を使ってみる, Ubuntu 16.04 x64 に .NET Core SDK 2.2 をインストールする, Windows10 Pro x64 + VirtualBox に Ubuntu 16.04 をインストールする(&VsCode). ・可変長配列の切り方を修正 ・2次元の文字型の配列で動作することも確認する ' QuickSort関数 で varTmp(Int(i + j / 2))との比較が発生する ' dic("4") = "444" i = i + 1 Med3 = y targetVar(i, 1) = targetVar(j, 1) Debug.Print typArry(i, 0), typArry(i, 1) varTmp(lngCnt, 1) = dic(key) ・CommandButtonを1個追加する(CommandButton5 なのは特に意味はない) ' ため配列のサイズは dicSize * 2 とする ・CommandButtonを1個追加する If i >= j Then Exit Do ' 機 能 : String型のx, y, z を辞書順比較し二番目のものを返す dicSize = dic.count Do While StrComp(targetVar(i, 0), pivot) < 0 If StrComp(z, y) < 0 Then Private Function Med3(ByVal x As String, ByVal y As String, ByVal z As String) As String targetVar(j, 0) = tmp ' あとはA列の10万行をKeyとしてDictionaryからItemを抽出すればいいのです。 つまり、 格納に10万ループ、抽出に10万ループで20万ループのみです 。 これが処理速度が速い理由です。 3.通常(高速)のDictionaryを実証. j = j - 1 ' ' Next key output = "##before" & vbNewLine End If ReDim varTmp(dicSize * 2, 2) output = output + "##after" & vbNewLine ' 基本的に、AarrayList を参照後、keyを突っ込んで sort することが多いんだけど Dim varTmp() As String ' ・Option Explicit が通るコードに修正 Sub DicSort(ByRef dic As Scripting.Dictionary) ※For Each key In dic -> Doc.Keys で取る必要はなかったのか・・・, Private Sub CommandButton1_Click() typArry(2, 0) = "03" ' ' typArry(1, 1) = "青森県" i = i + 1 Windows 10 Pro_x64 + Excel2013_x86 VBA で Dictionary を辞書順にソートする ' 名 称 : QuickSort Dim dicSize As Long Med3 = z Else 基本的に、AarrayList を参照後、keyを突っ込んで sort することが多いんだけど Dictionary(連想配列)って使ってますか? 連想配列はJavaScript、PHP、Pythonなどの言語でも使われていて、VBAでもDictionaryオブジェクトとして使うことができます。連想配列はキーとデータをセットで格納することができます。 この記事では、Dictionary(連想配列)について Exit Sub ' ' ' 機 能 : String型の二次元配列を受け取り dic.RemoveAll ' lngCnt = lngCnt + 1 dic("g") = "gggg" output = output & key & ":" & dic(key) & vbNewLine ' End If ' Dim pivot As String ' ' 機 能 : 引数のDictionaryをソートする破壊的プロシージャ Call QuickSort(targetVar, min, i - 1) ' :これの一列目でクイックソートする ' ' End Sub, '================================================================= ソートの並び順(昇順、降順)は再取り込みの際のループの回し方で調整することができます。, クイックソートはソートアルゴリズムの中では早い方ですが、データ量によりやや処理速度にぶれがあるので、対象データに合わせて採用するか否か検討する必要があります。, ソートロジックをごりごり組まずにやり過ごす場合におすすめなのが、.NET Framework のArrayList クラスを使ったソートです。, VBAでも呼び出すことが出来る動的配列のArrayListは大変便利なオブジェクトです。, このサンプルではレイトバインディングでArrayListオブジェクトを生成しています。, アーリーバインディングでのオブジェク生成も可能ですが、参照設定のリスト内にデフォルトでは含まれておらず、話が横道にそれてしまうのでこの説明からは割愛させていただきます。, 通常VBAで動的配列を処理しているとReDimやPreserveなどで配列のサイズを変更していく必要があるのですが、このArrayListはDictionary(連想配列)やCollectionなどのようにAddメソッドでデータを追加していくことが可能です。, さらにSortメソッドやArrayListから配列へ変換するメソッドもサポートされています。, 上記サンプルのようにArrayListを活用することでソート部分を解決させることができるというわけです。, VBAを使っている人には馴染みのあるADOのレコードセットを使ってソートする方法です。, 通常だとレコードセットはSQLを通じて取得した結果を返すオブジェクトととして広く使われていますが、非接続のレコードセットを使ってソートの処理を解決させる方法もあるわけです。, 正直いえばクイックソートやArrayListの方が処理は早いのではないかとは思うのですが、ソートのやり方も様々な方法があるという例で挙げさせてもらいました。, 普段VBAでデータベースを操作している方などはADO操作をする方もいるでしょうし、単純にADO好きな方や一連の処理をなるべくADOで統一したい方(どんな方?)はぜひ検討の一つに加えてみても面白いかもしれません。, EXCELのオブジェクトを生成すればEXCEL以外からでもソートメソッドは使用可能ですが、オブジェクト生成、ブック生成などソートメソッドにたどり着くまでの処理に時間が掛かりますので、EXCELでのVBA以外は他の方法も合わせて検討してください。, ただしEXCEL上でのVBA操作の場合だと、データ量が膨大でもExcelの標準機能を活用するためなかなか良好な結果が期待できますので、検討の余地は大ありです。, 注意点としてはExcel上のシート作業があるため、その際のデータの欠損に注意が必要です。, 例えばセルに値を「0123456789」と入力してEnterを押下すると「123456789」と数値扱いされ、勝手に頭文字のゼロが欠損したりする挙動のことです。, もしAccess上でVBAを使用している場合に恩恵が得られるマニアックなWizhookオブジェクトを使ったソートのご紹介です。, Wizhookオブジェクトとは知る人ぞ知っているマニアックなAccess VBAの隠しオブジェクトの一つにあたりますが、メソッドに配列内ソートをサポートしています。, ExcelVBAではサポートされていないため Access 限定の手法になりますが、参照設定や CreateObject などでバインディングする必要もないので、気軽に使用することができます。, SortStringArray メソッド以外にも面白いプロパティやメソッドをサポートしているため、興味のある方はぜひ検討の一つに加えてみてはいかがでしょうか。, いろいろDictionary(連想配列)のソートを実現するための手法について考えてみましたが、いかがだったでしょうか。, Dictionary(連想配列)オブジェクトとしてはソートをサポートしておりませんが、いろいろな切り口でソートを実現していくことが可能なサンプルをご紹介できたのではないかなと思います。, プログラム作成の環境や条件などで採用できない手法もあるかもしれませんが、手法も数多く知っておくことで対処可能なケースがほとんどですので、挙げたサンプルを参考にご活用いただければ幸いです。, Dicitonary(連想配列)でループ処理についてサンプルロジックを複数紹介。For ~ Next や For Each ~ Next ステートメントなどを中心に注意事項を交えて紹介しています。お悩みの方はぜひ参考にしてください。, Dictionary(連想配列)を使ったテクニックを公開しています。プロパティやメソッドの説明、基本から応用まで多数サンプルを用意してDictionary(連想配列)を徹底追求。具体的な使い方にお悩みの方は是非参考にして頂けると幸いです。, ソートの並び順(昇順、降順)は再取り込みの際のループの回し方で調整することができます。, このArrayListはDictionary(連想配列)やCollectionなどのようにAddメソッドでデータを追加していくことが可能です。, EXCELのオブジェクトを生成すればEXCEL以外からでもソートメソッドは使用可能ですが、オブジェクト生成、ブック生成などソートメソッドにたどり着くまでの処理に時間が掛かります.   Dim key As Variant typArry(0, 0) = "01" If StrComp(y, z) < 0 Then Dim i As Integer Loop End Function, tabizouさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog ' typArry(0, 0)〜typArry(3, 1) ※.Net Library 3.5 まで参照可ってソースが見つからない Next VBAでDictionary(連想配列)を使っていると格納済みのデータをキーで並べ替えたい局面に遭遇することってありませんか?, しかしVBAのDictionary(連想配列)オブジェクトには残念ながらソート機能がサポートされていないため、さてどうしたものかと悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。, プログラムの作成において使用するオブジェクトのメソッドで機能がサポートされていないのならば別の方法で問題を解決していくしかありません。, 今回はDictionary(連想配列)でソートが使えないならこうやってソートを実現すればいいんじゃないかな?というテーマを取り上げてみたいと思います。, いくつかソートの方法をまとめてみたのでDictionary(連想配列)のソートでお悩みの方はぜひ参考にして頂ければ幸いです。, Dictionary(連想配列)のソートについては上でもさらっと触れましたが、オブジェクトのメソッドとして残念ながらサポートされておりません。, Dictionary(連想配列)はとても便利なオブジェクトなのですが、ソートができないという欠点があるため、ソートを必要としない処理であれば問題ないですが、ソートが必要とされる処理の場合には何らかの策が必要となります。, 単純にソートロジックをVBAで作りこむか、他のオブジェクトの仕組みにソート部分をお願いするか、2点が考えつく策になると思います。, 当たり前のことですが、プログラム作成をする際に仕様を決めておくことは大切なことです。, Dictionary(連想配列)のキーには、文字列型や数値型、オブジェクト型なども設定することが可能であるため、そもそもソート機能を簡単に定義できない問題があります。, そのため今回のサンプルではシンプルに単純な文字列比較でソートしていく手法を検討いくため、キーに設定できるデータ型は文字列型に限定した仕様とさせて頂きます。, サンプルで使用するリストは、以下の国名リストを使ってそれぞれのソート方法を考えてみたいと思います。, Dictionary(連想配列)のソートはキーを基準に格納されているペアを並べ替える処理になります。, クイックソートは回帰ループ処理の代表格のようなベーシックなロジックですが、速度も速いし、理解を進めながら組み込んでいくと達成感が湧いてくるロジックです。(私の場合ですが), 結果は以下のとおりです。 typArry(3, 1) = "北海道" Dim key As Variant ※ソートはMSのサイトにあった気がするんだが、消えているんだよなぁ・・・ ' 名 称 : DicSort For Each key In dic VBAでDictionary(連想配列)を辞書順にソートする VBAでDictionary(連想配列)のキーを何とかソートしたいけど、オブジェクトのメソッドにはサポートされていません。この問題の解決に悩んでいる方にオススメしたいいくつかの手法を公開します。ぜひ一読頂ければ幸いです。 Dim dic As Object 参照に制限が付いた気がするので、Dictionaryで代用できるようにする ※.Net Library 3.5 まで参照可ってソースが見つからない '================================================================= ' dic("(") = "((((" dic(varTmp(lngCnt, 0)) = varTmp(lngCnt, 1) dic("を") = "をををを" ' '================================================================= i = min Loop By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. tmp = targetVar(i, 0) Call QuickSort(varTmp, 0, dicSize - 1) output = output & key & ":" & dic(key) & vbNewLine Med3 = x ' Dim typArry(3, 1) As String

    ポルシェ エンジン 空冷 6, Kyv40 Simカード 取り出し 方 4, Mysql Shell 使い方 4, 3700x 虎徹 2 12, ユニクロ ギフトカード オンライン 4, 母校訪問 電話 かけ方 4, Gas 別のスプレッドシート コピー 9, レクサス Ls ジャッキアップポイント 8, Sh02m Wi Fi 設定 12, Imagej バンド 定量 17, 4jj1 燃料フィルター交換 リセット 4, Fallout Shelter Online アカウント移行 15, セキセイインコ 寿命 3年 12, Gas スプレッドシート 埋め込み 4, パグ 広島 里親 7, Youtubeライブ コメント 非表示 5, 測量 隣人 拒否 4, Sqlserver 月 英語 表記 5, ダホン 自転車 評判 4, 英検 リスニング Wpm 5, 遠距離 片思い 会う約束 6, Iphone 濁点 全角になる 6, Chrome 動画 重い 17, 椅子 張替え 東京 5,