• line bot 無料 4

    Bluemixにアクセスして登録を行います。 ここに記載されているIPアドレス(赤い部分)をLINE developersのServer IP Whitelistページで追加します。 LINEのBOTを作るのも案外簡単ですよね 今回の構成だとWebhook URLで区別できているので、Bluemix上の一つのCloud FoundryアプリケーションでいくつもBOTのを管理するなんてこともできますね。 無料でここまでできるなんていい時代ですホント laravelの学習中にlinebotを作成しています。 この記事はライブラリを使うことが前提で書かれています, 何でも大丈夫です そしてビジネスアカウントを用意します。 "https://developers.line.me/ja/reference/messaging-api/", Qiita Jobsで転職すると、お祝い金30万円がもらえるキャンペーンを実施中!, you can read useful information later efficiently. このあたりは他の記事をご参照ください。, 次にBluemixを使用するためアカウントを作成します。 サムネと本体画像を引数に渡します そして受け取ったリクエストreqのbodyに入っているメッセージに対しメッセージをそのまま送り返すよう設定をしています。 画面左側にある発信というところが「発信(1)」となるのでその横のプッシュをクリックしてください, 画面右上のBUILD&DEPLOYをクリックして進捗を確認します。 Bluemixに作成したNode.jsのアプリケーションの詳細ページにアクセスし「概要」を開きます。 表示されたTokenは後で使うのでメモしておいてください。, Web上でプログラムを編集していきます。(手軽ですね) どうぞ参加希望者は私にDM下さい. こちらTwitterのアカウントになります、よろしければフォローして下さい you can read useful information later efficiently. というわけでBluemixであれば最初からHTTPSでサーバが用意されるのでそれを利用すれば最も手っ取り早いと信じています。 Bluemix https://設定した名前.mybluemix.net/apiと言った具合になっているはずです。, 返信するときにTokenが必要になるため生成します。 urlはhttpsから始まるものじゃないとエラーします 誰でも簡単に。これはイケる気がします! 用意するもの ・docomo Developer support のアカウント(Repl-AIを使うのに必須のようです) ・LINEのBOT用チャンネル(LINEのBOTを作るので必須です) これだけ! LINE Developersサイトは開発者向けのポータルサイトです。LINEのさまざまな開発者向けプロダクトを利用するための、管理ツールやドキュメントを利用できます。LINEログインやMessaging APIを活用して、アプリやサービスをもっと便利に。 LINE BOTはLINE上でユーザーと自走的にコミュニケーションができる、お店や企業の「顔」です。この記事で紹介している方法を使って、かわいくて面白いボットをパソコン1台で作ることができます。IT技術者向け記事ではないですが、「プログラムが必要な作り方」と、「プログラムを使わない作り方」の両方を紹介しています。, [PR]自社サービス「FirstContact」についても紹介しておりますので、合わせて読んでいただけると嬉しいです!ページの最後に実際にチャットツールを設置していますので、良かったら試してみてください。, LINEにはLINE BOTというサービスはなく、ユーザーからの応答に自動で答えるLINEアカウントの総称です。, チャットボットとは、LINEに限らず問いかけに自動で答えてくれるプログラムのことです。単に「ボット」ともいいます。LINEだけでなく、TwitterやFacebookでも活躍しています。, LINEの「チャットモード」とは、ボットを使わずいわゆる「中の人」が直接応対できるモードです。ボットモードとチャットモードは簡単には切り替えられませんので、どちらで運用するかを最初に決めておきます。, FirstContactなどのサービスを使えば、ボットモード中も「中の人」の直接応対ができます。, さっそくLINE BOTの作成方法に移りますが、まずはLINE公式アカウントを準備しましょう。すでに用意している方はこのセクションはスキップしてください。, PCからLINE for Businessにアクセスして、アカウントの開設を選択します。「認証済アカウントを開設する」または「未認証アカウントを開設する」を選択してください。, 自分のLINEの個人アカウントでログインします。個人アカウントを持っていない場合は、「アカウントの作成」>「メールアドレスで登録」からLINE公式アカウントを直接作成できます。, スマホ利用について・・・スマートフォンからもアクセスできますが、操作しづらいためPCでの操作をおすすめします。, 認証済みアカウントはLINEアプリの検索結果に表示されるなど多くのメリットがあります。追加料金などもありませんので、企業やお店の場合は認証済みアカウントを申請しましょう。試しに使ってみるだけであれば未認証アカウントを作成してください。あとで認証アカウントに切り替えることもできます。, 一番簡単なボットであれば、今いる管理画面から作ることができます。前のセクションをスキップした方はここからアクセスしてボットを作成したいアカウントを選択してくださいね。, 下準備として、「設定」>「応答設定」から、「応答モード」を「チャット」に変更してください。, ホームメニューから「あいさつメッセージ」を選択します。ユーザーがこのアカウントを「友達追加」したときに一番最初に送られるメッセージです。テキストだけでなく、画像やスタンプも使えます。, 自動応答メッセージ>応答メッセージを利用すると、ユーザーのメッセージに含まれる特定のキーワードに反応してメッセージを返すことができます。, 「食べ物」というキーワードが含めれていたら、「ボクは油揚げがだいすき!」と返すといった塩梅です。キーワードは複数設定することができます。Enterキーを使ってできるだけ沢山入れていきましょう!, ホームメニューの「友だち追加」からQRコードを表示します。スマホでQRコードを読み取って「追加」を選択します。少し待つとあいさつメッセージが送られてきます。, 使用できるスタンプは、あらかじめ用意されたLINE公式キャラクターのスタンプのみです。スタンプ一覧はこちら(pdf), 自分で会話用にAIを作りこみたいという場合には、Messaging APIを利用します。ただし、今回はAI(人工知能)は使用せず、Messaging APIを使った簡単なチャットボットを作っていきます。, LINE Developersへの登録にはLINE個人アカウントが必要になります。アカウント作成時に「メールアドレスから登録」した方は、ここで個人アカウントと連携するか、新しく個人アカウントを作成してください※1。個人アカウントを新しく作成するにはスマートフォン(電話番号)が必要です。, ※1「すでに連携されているアカウントです」と言われる場合は、一度トップに戻ってログインしなおすとログインできる場合があります。, プライバシーポリシーURLの入力欄について・・・空欄でもかまいませんが、チャットボットは個人情報を扱うことも多いですので、できれば後日用意しておいた方がいいでしょう。, Messaging APIは、会話アプリケーションが搭載されたWebサーバーと連携させることで動作します。お試しや学習用であれば、「Google Apps Script」などの簡易サーバーでも十分です。, LINEのチャネル基本設定のページは開いたままにして、別タブでGoogleドライブにアクセスしてください。, 「新規>その他」からGoogle Apps Scriptを選択します。表示されていない場合は、「アプリを追加」からGoogle Apps Scriptを検索して接続してください。, Google Apps Scriptを作成すると白紙のScriptが作成されます。Google Apps Scriptはjavascriptで記述しますので、javascriptの文法の知識が必要です。, 「channelToken」には、チャネルごとに設定された「アクセストークン(ロングターム)」を以下の方法で調べて貼り付けします。, 先ほどの「チャネルの基本設定」ページの中ほどに「アクセストークン(ロングターム)」という項目があります。空欄になっていると思いますので、「再発行」ボタンを押してください。, アクセストークンを再発行しますか?と言われますので、そのまま再発行ボタンを押してください※2。, ※2 失効までの時間・・・新しいアクセストークンを再発行すると古いアクセストークンは使えなくなります。「失効までの時間」を設定すると、古いアクセストークンが使えなくなるまでの時間に猶予をもたせることができます。初回は古いアクセストークンはありませんので、「0」時間で問題ありません。, 100文字以上の長い文字列が表示されますので、そのままプログラムの中に貼り付けてください※3。, ※3 「Channel ID」「Channel Secret」は本当にLINEからのリクエストであるかどうか確認するために必要ですが、今回は使用しません。, 「アプリケーションにアクセスできるユーザー」を全員(匿名ユーザーを含む)を選択して「導入」を実行します。, 「承認が必要です」と言われますので、「許可を確認」しましょう。「このアプリは確認されていません」と言われた場合は、「詳細を表示」から自分のアプリケーションに移動します。, Googleから作成したアプリケーションへの接続を許可し、「このプロジェクトをウェブアプリケーションとして導入しました。」というメッセージが表示されたら導入成功です。, 作成したウェブアプリケーションをLINEと連携させます。「チャネル基本設定」のページに戻って、次のセクションを更新してください。, コピーしておいたウェブアプリケーションのURLを貼り付けします( 先頭のhttps://は不要) 。「接続確認」でウェブアプリケーションが有効かどうか調べられます。, LINE Account Managerから「応答メッセージ>オフ」、「Webhook>オン」にしてください。, 設定は以上ですので、QRコードを読み取ってテストしてみてください。設定した返事が返ってきたら、OKです!, 現時点では毎回同じ返答しかできませんので、入力された内容(リクエスト内容)を取得し、それによって異なる処理にしてみたいと思います。10~13行目を次のように書き換えてみてください。, LINE側の更新は不要です。さっそくLINEアプリから「ありがとう」と送ってみましょう!, LINE BOTを開発するのにこの言語でなくてはいけないということはないので、自分の使い慣れたもので大丈夫です。これからプログラミングの勉強をしてチャットボットを作ってみたいという方には、Pythonをおすすめします。サーバを用意する場合ですが、SSLが必須です。http通信は不可ですのでご注意ください。, LINE BOT Designer・・・LINE上での会話をシミュレートできる、公式の無料アプリケーションです。見た目の確認をするのに便利ですが、初心者向けとしては少し難しいです。こちらからダウンロードできます。iPhone、Android各端末での見え方なども見れるのでデザイナーには便利です。, 言葉の揺らぎや複数の言葉から成る文章に反応させたい場合は、AIに対応しているチャットサービスを利用しましょう。, FirstContactでは、エクセルで作成したcsvファイルからLINE BOTを作成することができます。20項目までなら無料で作成してもらうことができます(別途FirstContactの月額利用料が必要です)。必要なデータは主に3種類です。, 回答質問に対し、BOTが返答する内容です。画像を表示したい場合は添付することができます。, 「質問」と「例文」をAIに機械学習させ、言葉の揺らぎに反応させることができることができます。右図のように、登録したものと異なる言葉の組み合わせであっても反応することができます。csvファイルは事前にスタッフに内容をチェックしてもらいます。, どのようなシナリオを作ればいいかわからないという場合は、専門のプランナー(チャットボットプランナー)に依頼して作ってもらうこともできます。, 事前のミーティングでこういった内容で打ち合わせ、設計からAIの学習までをお任せでやってもらうことができます。, 画像やボタンを表示し、左右にスライドできる「カルーセル表示」や、はい・いいえの2択ボタンを表示できる機能があります。, LINEのLIFF(LINE Front-end Framework)機能を利用することで、自社サイト内の応募や申し込みフォームをLINE上に表示できます。ボットと連携することでスムーズに応募や申し込みに誘導することが可能になります!, 専用の機器や対応するBluetooth機器を使った、オフラインマーケティング機能です。ユーザーがお店の近くに立ち寄ったときや、イベントに来場したときなどにメッセージを送ることができます。, ここでLINE BOTの事例をいくつか紹介します。今回は5業種から事例を探してみました。, アルバイトの求人検索や給料計算ができるボットです。かわいいパンダのスタンプがLINEでも人気になっていましたね。パン田一郎とのおしゃべりもできるのが楽しいですね!, OA予告やゲスト出演情報を流してくれるようです。こちらはTBSの、誰もが知っている人気番組ですね。テレビ番組でもLINE BOTは使われています!最近、テレビでもLINE BOTを活用する番組やドラマを見かけるようになりました。, メニューの紹介やキャンペーン、クーポン配布など、さまざまな便利機能があります。おいしい焼肉が食べられる、牛角!友だち登録した瞬間、クーポンがでてきました!, 資生堂では、Webビューティーコンサルタントと「AIみみちゃん」が美容の相談を受け付けています。AIみみちゃんなら、24時間対応です!, 中日ドラゴンズの情報を定期的に届けてくれます。ドアラで有名な中日!ファンも多いですね。中日ファンの方は、手軽に好きなチームの情報を閲覧できてうれしいのではないかと思います。, LINE BOTのユーザーは、自社製品の紹介を見るだけでなく、困ったことを解決できたり、キャラクターとのおしゃべりを楽しんだりできることが分かります。一方で企業は、顧客との接点を増加させることができたり、顧客の生の声が拾いやすくなったりしていて、win-winな状態になっているのかもしれません。, 今回は、LINE BOTの事例を紹介しましたが、弊社のチャットボット「FirstContact」の事例も紹介しておりますので、よろしければご覧ください。, LINE BOTを作るためのいろいろな方法が提供されているほか、LINEの活用をサポートしてくれるサービスも今ではたくさんあります。, そのためチャットボットを作るため巨額の開発費用が必要ということはなくなってきました。そのぶん、チャットボットを通してユーザーの声をより深く聴くことにコストが割けるようになったと言えるでしょう。, 1人でも多くの方があなたのお店やサービスのファンになりますように心から祈っています!, 株式会社バイタリフィ スプレットシートをデータベース代わりに使うBOT, 無料部分では1のオウム返しBOTのみ公開しておりますので、試してみて、続きが気になったらご購入お願いします!, みなさんLINE BOTの開発者用のAPIのtrialが公開されてからはや2年ほどたちましたが、BOTを作ってみましたでしょうか?, 2年前、私は未経験からフロントエンドエンジニアに転職して1年がたった頃で、サーバーサイドの技術についてはあまり明るくなく、LINE BOT開発を試してみたい気持ちはあったのですがhttps環境が必要なことなど、地味にハードルが高くなかなか実装出来ないでいました。, そんな中でも色々と試していて、Javascriptしか書けないエンジニアでもLINE BOTが簡単に作れる環境を見つけました。それが今回ご紹介するGoogle App Script(以下GAS)です。, GASを使うことで必要な環境構築が簡単に済み、LINE BOTではどのような機能が使え、何が出来るのかというのを手を動かしながら作ってみる事が出来、今その経験を活かしてLINE BOT開発を運営する会社を手伝っています。, そんなGASを利用して簡単なLINE BOTを作ってみる手順を、ゼロから手を動かして進めていき、この本を手に取ったあなたがLINE BOTの可能性について少しでも触れる一助になればと思ってます。, LINE BOTの開発者登録及びGASを利用したことがある方については、環境構築の項を飛ばして読み始めていただければと思います。, また、最後の章で作成するBOTはサンプルとして実際利用することが出来ますので、一度使ってみてどんなものかを試してみてください。, 出退勤BOT ( https://line.me/R/ti/p/kiQJzfeMQY ), LINE BOTを作るためには電話番号登録を行ったLINEアカウントが必要です。そのアカウントで以下のページから開発者登録を行ってください。, https://developers.line.me/ja/docs/messaging-api/getting-started/, その際プロバイダー一覧ではアカウントの個人名で(こちらは法人等で利用する際にグループ毎にBotを分けてアカウントを管理出来る機能です。), 管理画面にログイン出来た時点で「Messageing API」を選択し作りたいBotを登録します。必要な情報を追加して登録をしていきます。アプリ名はBotの名前で実際にLINEでやり取りする表示名は後から変更出来ますのでご自由に入力してください。, 今回は勉強としてつくるのでDevelopper Trialで登録していきましょう。(友達数に制限がありますが、すべての機能が使えます。), 次はBotのプログラムを格納し、プログラムを動作させるGASの準備をします。事前にGoogleアカウントの作成を終えているものとして進めます。, GASとはGoogleが提供するJavaScript互換のサーバーサイド・スクリプト環境です。Javascriptがかければ概ね躓くことはないと思いますし、言語仕様としてはJavascriptについて調べていただければほぼ大丈夫です。, まずGoogle Driveにアクセスし、スプレッドシートを新規作成します。そして「ツール」→「スクリプトエディタ」をクリックします。, GASはスプレットシートに付随して管理されます。後半のBOTではスプレッドシートをデータベース的に使うため、そのままにしておきます。, GASが開けたら、左上のプロジェクト名を入力し、その後「公開」→「ウェブアプリケーションとして導入」をクリックしてください。, ・アプリケーションにアクセスできるユーザー「全員(匿名ユーザーを含む)」にそれぞれ設定してください。これによってWebAPIとしてこのGASのプログラムを公開することが出来ます。, その後表示されるモーダルに表示されるURLを記録しておいてください。このURLにLINEからのデータが送信されることになります。, LINE BOTの管理画面を開いていただき、先程のbotのchannnel設定画面を開きます。, メッセージ送受信設定の中で、Webhook送信 を「利用する」に変更し、Webhook URLへ先程のGASのURLを入力してください。LINEではアプリでBOTへメッセージが送られたタイミング等で、そのメッセージの内容をこの登録したURLに送信します。, その後アクセストークンの発行を行います。時間は0のままにしておくと、期限無しのトークンとなります。, このトークンを利用して、LINEのAPIへ指定されたデータを送信するすることで、今度はBOTからユーザーにメッセージを送ることができるようになります。, GASからAPIへデータを送信するために、このアクセストークンと、基本情報にあるChannel Secretを保存しておきましょう。さらに、LINE BOTは標準で自動で固定文言を返信する機能がONになっているため、自動応答メッセージを「利用しない」に変更しておきましょう。, また、登録が終わったらLINEで友達登録しておきましょう。設定の下部にQRコードがあります。これで準備は完了です。いよいよ次の章からBOTの作成へと移ります。, 送った内容をそのまま返してくれるオウム返しBOTを作ってみましょう。GASの編集画面に移って作業を開始します。, Javascriptで言うところのconsole的動作をするLoggerを実行するところから初めましょう。, LoggerはJavascriptのconsoleと同じように .log で文字列を入力するとログが残せます。この関数を作り、保存してからメニューの「関数を選択」でtestを選択し、その左にある三角を押してください。, これにより関数を選択し、実行する事ができます。実行後に何も表示されませんが、そのまま Control + Enter (MacOSの場合は Command + Enter) でログの表示ができます。そこに実行時間と test の文字列が表示されていたら、正しくログが出力出来ています。, 準備の章ではGASを外部公開する設定を行いました。これだけではGASにアクセスできないため、そのための関数を定義していきます。HTTPのGETに反応する関数として doGet() という関数を定義します。これはGAS側で設定されている名前で、この名前の関数を作成すると自動的にGETに対してこの関数が実行されるようになっています。, ということでGASの既存コードは消してしまって構わないので、以下のように入力してください。, こちらが入力し終わったら、Control + s で保存し、公開するアプリケーションの更新に移ります。, 「公開」→「ウェブアプリケーションとして導入」を前のように選択し、プロジェクトバーションを「新規作成」にしてください。こちらの設定を忘れると、いつまでたっても更新されないため注意してください。また、更新時は毎回この手順を行ってください。, 「更新」ボタンを押してから、表示されるURLにブラウザのシークレットモードでアクセスしてみてください。successの文字が表示されましたでしょうか。これがGASのコードを更新する手順のため、これ以降のコードを編集する際には忘れずに上記手順を踏んでください。, ※Google Chromeの場合は「新規シークレットウィンドウ」でシークレットモードでウィンドウを開けます。, 無事にGETで情報の返却が出来たら、LINEの管理画面で Webhook URLの「接続確認」を行ってみましょう。「成功しました」と出れば無事にLINEのAPIからもGASが確認できたことになります。, LINE BOTのAPIでは、ユーザーから送られたメッセージがPOSTでWebhookAPIに送られます。先程デバッグに使っていたLoggerは実行環境での確認には使えますが、実際にLINEのAPIを通して送られてくるWebhookのデータの中身が閲覧できません。, 事前準備として、先程GASを作成する前に作ったスプレッドシートを開いて、1つ目のシート名を"シート1"から、"webhook"に名称変更してください。, そして、書き込みにはスプレットシートのIDが必要なのですが、それはURLの中に含まれていまして、URLが, https://docs.google.com/spreadsheets/d/abcdefghijk1234567890/edit#gid=0, でしたら IDは abcdefghijk1234567890 の部分のとなります。このIDをGASで参照するためコピーしておいてください。, IDが分かったら、任意のテキストをシートに書き込むための関数を作ります。以下がその関数となり appendToSheet(テキスト) を実行することで、シートにテキストを書き込むことができます。spreadsheet自体は後々他の関数でも利用するため、関数の外に出してファイルの一番先頭に記載しておきましょう。, 「メニュー→実行→関数の実行→doGet」を実行して、webhookシートにテキストが書き込まれたら成功です。, ※GASを動かす日付けによっては、実行時にエラーが表示され「このアプリは確認されていません」といった表示が表示されます。もし表示された場合は、そのエラー画面下部の「詳細」から「(アプリ名)へ進む」を押し、先へ進んでください。, こちらの関数はまずPOSTで送られてきたデータの中から、LINE APIで利用する部分を抜き出します(webhookData)。そこから送られたテキストを取得します。(message), また、LINE BOTではBOT自身から自発的にメッセージを送る場合と、返信する場合で機能に差があります。今回はメッセージに対して返信する形でBOTがメッセージを送るために、送られてきたメッセージのtokenを取得する必要があります。(replyToken), それらを踏まえて、POSTを受け取った際に上記の必要な情報を取得するプログラムを書きます。, doPostの最後の行ではAPIを叩く関数である sendLineMessageFromReplyToken へテキストとtokenを渡して実行しています。, 受け取った情報を元に返信を行う関数であるsendLineMessageFromReplyTokenは以下の様に実装してください。, GASから外部APIなどにデータを送る場合は UrlFetchAppのfetchというメソッドを利用します。LINEの管理画面から取得するアクセストークンと、先程のリプライトークン、そして送りたいテキストをLINE APIに沿った形で送信しすることで返信が可能になります。, この時replyTokenを利用してメッセージを送っているため、メッセージを送る相手は指定する必要がありません。, 関数を保存→バージョンを更新して公開後、いよいよLINE BOTが動くかテストしてみましょう。返信が帰って来ない場合はLoggerやスプレットシート書き込みを利用してデバッグしてみてください。, 無事に開発できていれば下記のように、送った内容がそのまま帰ってくるBOTが出来ているはずです。, いかがでしたでしょうか?これで晴れてBOTの開発が出来ました。次の章ではもう少し複雑なことが出来るBOTを作っていきます。, オウム返しだけでは面白くないので、次は送ったメッセージに応じて違った返信を行ってくれるサンプルとして、送った単語がWikipediaにあったら、その内容を返してくれるBotを作ってみたいと思います。, 新しく別なBOTを作ってもいいですし、BOTやGASを流用してもOKです。新しく作る場合はアクセスTOKENなどがごっちゃにならないように注意しましょう。(ただしLINE BOTの名称変更は1週間に1回しか変えられない制限があります。), ここまではオウム返しBOTという、単純な機能を持ったBOTの製作を行いました。ここから先は送った内容ごとにプログラムで違った内容を返すLINE BOTの製作を行っておきます。, 有料ノートの範囲で困った部分については出来る限りサポートを行っておきます。フィードバックを受けて、つまづきそうな部分については順次改定していきます。, その代わりに販売数が増えるとサポートコストが上がってしまうため、ノートの料金が順次上がる可能性があることをご了承ください。, 最後までお読み頂きありがとうございます! Clone or downloadのボタンでダウンロード可能です, 上げたソースのsample_linebot.phpをWebhookURLに設定して下さい メッセージを増やすのは簡単です 一回の返信で5つまでメッセージを送れます. line-bot-sdk installがうまくいかない . 外部APIを利用したBOT3. この回答によると、拡張curlというのがインストールされていないとこと。 しかし、プロンプト上でphp -mを入力したところ、curlは入っていたのでおそらく問題はないのかな?と判断。 次に見たのはエラー文中にある linecorp/line-bot-sdk 3.13.0 requires ext-sockets * … サブネットは指定せずにADDボタンを押しましょう。, 完全に反映されるには1,2分くらいかかるようです。 4つ全てでもいいしbodyだけでも大丈夫です, そして各パーツにはかならずbox要素を持たせる必要があります

    ブルーベリー タイタン まずい 23, Gyao 無料 101 4, 玉ねぎ 水耕栽培 再生 5, 女性 一緒に寝る 脈 21, 鹿島建設 株価 掲示板 5, Googleスプレッドシート 共有 Gmail以外 6, 北海道 海サクラマス ポイント 5, ニル Apex 設定 58, Vivavideo 音楽 著作権 7, 친구 歌詞 Bts 日本語 29, Http Www Clarion Com Jp Ja Suzuki Inst Index Html 6, エクセル フィルター 罫線 消える 7, ロンハー ノブ ドッキリ 動画 7, 荒野行動 嵐の半島 隠しエリア 21, Pdf 注釈 検索 5, Mhp2g Ios チート 攻撃力 4, 元気 文字 イラスト 5, 防音室 自作 床 4, Sigma Mc 11 中古 27, Películas Y Series Online Gratis En Español Latino 8, キモノ モダン 半 襦袢 4, Vba ラベル テキストボックス 6, 鉄 加工 工場 4, 3相3線 単相3線 変換 7, キム スヒョン 愛の不時着 5,